日本同盟基督教団「教会と国家」委員会から各種情報をお届けします。お問い合わせ、ご意見などはこちらまで:domei_churchandstate(at)yahoo.co.jp


by churchandtate
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

憲法記念日にあたっての祈りの要請

主イエス・キリストの御名を心から崇めます。

 5月3日は憲法記念日ですが、それに近い5月第一週の祈祷会においてささげられる祈りに加えていただきたく、ここに要請文を送らせていただきます。

 安倍内閣は7月の参議院選挙において憲法改正を争点にすることを明言し、これに付随するかのようにして憲法改正の手続き法案である「国民投票法案」の可決成立が目前の状況になっています(4月上旬現在)。野党第一党である民主党も基本的にはこの法案を出すことにおいては同一の路線をとっており、もはや憲法改正は既定の路線となりつつあるかのような流れにあります。憲法を尊重する立場の中にも、国民投票法案は手続き法案であって、それが直接に改憲に繋がるものではない中立的な法案だとする考えもありますが、首相が憲法改正を政権の柱に掲げている以上、それらはもはや中立的なものと言うことはできません。

 憲法も人間の手による法律ですので、キリスト者にとっては聖書以上の権威はありませんが、しかし聖書の教えに照らして、平和を守り、信仰の自由を尊重する現憲法は重んじられるべきものです。そこで「教会と国家」委員会では、今年も憲法記念日に合わせて、諸教会の祈祷会においてぜひ心を合わせて祈りをささげていただきたく、以下の祈りの課題を挙げさせていただきます。御加祷よろしくお願いいたします。

1.現行憲法が尊重され、為政者たちが憲法を擁護する義務を果たせるように。

2.国民投票法案が廃案となるように。

3.教会と各信徒が祈りの課題としてこれらの問題を覚えて祈っていくことができるように。
[PR]
by churchandtate | 2007-04-27 14:55 | お知らせ