日本同盟基督教団「教会と国家」委員会から各種情報をお届けします。お問い合わせ、ご意見などはこちらまで:domei_churchandstate(at)yahoo.co.jp


by churchandtate
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:教会と国家ニュース( 10 )

□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2008年2月2日号

御国が来ますように。
寒さの続く日々ですが、諸教会におかれましても、神の国の宣教の業にお励みのことと思います。近づいております2月11日信教の自由を守る日にあわせて、教団関連の集会についてお知らせします。

1.「教会と国家」委員会主催 信教の自由セミナー
『聖書信仰に立って歴史と向き合う』
【関東地区】
日時:2月11日(月)午後2時~3時30分
会場:同盟教団中野教会 中野区東中野2-21-7 03-3365-1907
講演:「教会と国家-その関わり方を聖書と歴史に学ぶ」
講師:倉沢正則師(東京基督教大学学長)

【関西地区】
日時:2月11日(月)午後2時30分~4時
会場:同盟蛍池聖書教会 豊中市蛍池東町3-5-16 06-6843-7986
講演:「キリスト教会の社会的責任-突き進む潮流に抗するために」
講師:正田眞次師(「学座・とうごまの葉の下」代表)

※いずれの集会も入場無料。ただし席上献金(自由)があります。事前のお問い合わせは「教会と国家」委員会:朝岡まで(03-3935-3405)

2.新潟・山形宣教区2・11集会
日時:2月10日(日)午後7時~
会場:同盟新潟福音教会
講演:「小さい者に用意された証し-美濃ミッション事件-」
講師:広田具之師(軽井沢キリスト教会牧師)

3.信教の自由を守る東信州の集い
日時:2月11日(月)午後1時30分~3時30分
会場:同盟野沢福音教会
講演:『思想・良心・信教の自由について考えてきたこと』~都立高校における国旗・国歌強制の中で~
講師:岡田明兄(都立高校教諭・日の丸君が代予防訴訟原告)

4.房総聖会
日時:2月11日(月)午前10時~15時
会場:鴨川かんぽの宿
講演:「義なる人、義なる国」
講師:山口陽一師(東京基督神学校校長)

以上の集いのためにお祈りくださり、奮ってご出席ください。
なお、上記以外でもこの日に関連した集いがあればお知らせください。
[PR]
by churchandtate | 2008-02-02 20:41 | 教会と国家ニュース
□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2007年6月16日号

御国が来ますように。
梅雨の時期に入りました。夏に向けて諸教会におかれましても、神の国の宣教の業にお励みのことと思います。いくつかのご報告と情報をお知らせします。

1.「教会と国家セミナー」終了
去る6月1日、8日の二回にわたって開催された「教会と国家」セミナーは無事に終了しました。今回は根田祥一氏(クリスチャン新聞編集顧問)を講師にお迎えし、「キリスト者と憲法」と題して大変有意義な講演をいただきました。近日中に録音データを教団ホームページのダウンロード版に載せますので、ぜひお聞きください。

2.靖国神社法案国会提出38周年「6.29公開学習会」のお知らせ
日時:6月29日(金)午後6時30分~9時
会場:お茶の水クリスチャンセンター901号室
主題:「安倍内閣と私たちの課題-憲法9条と20条を中心に-」
プログラム
第一部 礼拝 説教:朝岡勝師
第二部 講演 講師:西川重則氏
第三部 祈祷会
主催:靖国神社国営化反対福音主義キリスト者の集い
協賛:靖国問題連絡会(日本福音キリスト教会連合、長老「ヤスクニと平和」委員会、改革派東部中会社会問題委員会、同盟「教会と国家」委員会)
ぜひ近隣の皆様はご出席ください。
[PR]
by churchandtate | 2007-06-16 20:41 | 教会と国家ニュース
□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2007年5月21日号

御国が来ますように。
ペンテコステを前に、諸教会におかれましても、聖霊の恵みの中に福音宣教にお励みのことと思います。いくつかのご報告と情報をお知らせします。

1.国民投票法成立への抗議声明
去る5月14日に成立した憲法改正手続き法(国民投票法)に対する委員会としての抗議声明を5月17日に発表しました。今後、早ければ3年後には現在の自民党憲法草案を基にした改憲案が出されると思われます。安倍内閣の本質を正しく見極めて、信仰の自由のための声を上げ続けていきたいと思います。
宣言文は諸教会にも送られますが、委員会ブログにも掲載していますのでご参照ください。
「国民投票法成立への抗議声明」

※自民党改憲草案は以下をご参照ください。現行憲法との比較がされているわかりやすいものをご紹介します。
「自民党新憲法草案」

2.靖国ツアー
去る5月12日(土)には講師の西川重則氏を含めて23名の出席者があり、よい学びの時となりました。小さいお子さんから青年の方々の参加もあり、今後も開催を希望する声がありました。第二弾、第三弾を検討していきます。

3.教会と国家セミナー『キリスト者と憲法』
来る6月1日(金)、8日(金)のいずれも午後7時より、教団事務所一階チャペルにて教会と国家セミナーを開催します。お祈りとご参加をよろしくお願いします。

講師:根田祥一氏(クリスチャン新聞編集顧問)
第一回 6月1日 「9条だけじゃない 改憲の危険な本質」
第二回 6月8日 「国民投票法は国民主権か?」

詳細は教団定期便に同封される案内チラシをご覧ください。
[PR]
by churchandtate | 2007-05-23 17:34 | 教会と国家ニュース
□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2006年12月15日号

御国が来ますように

 本日夕方6時過ぎに改正教育基本法案が参議院本会議において可決成立しました。準憲法的な基本法が「改正」されたことは、憲法「改正」への道をつけるものであり、今後一層の注意を払っていかなければなりません。また子どもたちに対する教会による教育の重要性がますます重くなっていくことと思います。諸教会におかれましても、引き続きお祈りをよろしくお願いいたします。

 本法案の成立の事態を受けて「教会と国家」委員会では以下の三つのことを行います。

1.教団理事長、社会局長名での抗議声明文を準備しています。週明けにも内閣総理大臣、文部科学大臣、法務大臣宛に送られることになります。

2.緊急の祈り会を招集します。
日時:12月18日(月)午後6時00分~8時00分
会場:教団事務所一階チャペル
内容:説教:水草修治師(教団理事、社会局長)、祈りの時
※特に関東近隣の先生方、信徒の方々のご出席を願っています。17日の主日にご案内いただければ幸いです。

3.諸教会に祈りの要請を行います。
 ぜひ17日の主日礼拝において、また次週の祈祷会において、この国のこれからの歩みが御心にかなうように、為政者がへりくだって正しい政治を行うことができるように、子どもたちの信仰の自由が守られ、誤った愛国心強制や偶像礼拝の強制が行われることのないように、祈りをささげてくださいますようお願いいたします。
[PR]
by churchandtate | 2006-12-15 23:38 | 教会と国家ニュース
□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2006年12月14日号

御国が来ますように

 本日夕方6時過ぎに教育基本法案が参議院特別委員会において強行採決されました。ここに「教会と国家」委員会は抗議の意思を表明します。

 国家による教育統制の道を開き、愛国心教育の強制によって信仰の自由を著しく脅かしかねないこの法案が、やらせ問題をはじめとする様々な不正な行為が明らかになっているにもかかわらず、それらに対する真摯な反省もないままに、政府与党の議事日程だけを優先させて委員会採決に持ち込んだことは異常な状況と言わなければなりません。

 まさに信仰の事柄については「アディアフォラ」(どちらでもよいもの)ということはあり得ない「信仰告白の事態」(status confessionis)が来ています。諸教会に於かれましてもぜひこの事態を受けとめ、この国が主の御心から外れた歩みを止め、為政者たちがへりくだって自由と公正のために正しい政治をすることができるよう、また明日の参議院本会議において、御心ならば同法案が廃案となるよう続けてお祈りください。

 なお、繰り返しになりますが、委員会としては今後、法案が成立した際の抗議行動の準備を進めています。決まり次第お伝えします。
[PR]
by churchandtate | 2006-12-14 20:05 | 教会と国家ニュース
□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2006年12月13日号

主の平和
 先日ご案内させていただいた電子署名に、多くの先生方が応じてくださり、感謝いたします。総数18000筆を超えたとのことで、この種の呼びかけでは異例のスピードであったとのことでした。

 さて、参院での教育基本法改正案審議が山場を迎えていますが、ついに明日にも与党が委員会採決、本会議採決に踏み切るとの連絡が各市民団体から入ってきており、報道でも流れはじめています。すでに祈祷会の終わった教会が多いと思いますが、ぜひ祈りに加えてくださいますように。

 また委員会としては、今後、法案が採決成立した際の抗議行動の準備を進めています。覚えてお祈りいただければ幸いです。
[PR]
by churchandtate | 2006-12-13 22:30 | 教会と国家ニュース
□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2006年12月9日号

 安倍首相の帰国を待って、来週にも法案成立の可能性が大きくなっています。教会にとって「信仰告白の事態」が起こっています。ぜひ諸教会におかれましても祈りと働きかけをよろしくお願いします。
 以下のような電子署名の案内が来ています。ご賛同いただける方はご協力をよろしくお願いします。

「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛同署名
http://www.fleic.dyndns.org/cgi-bin/appeal1206.cgi
[PR]
by churchandtate | 2006-12-09 09:00 | 教会と国家ニュース
□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2006年12月6日号

御国が来ますように。
 教育基本法改正の法案審議が山場を迎えています。一部報道では今週末の採決あるいは臨時国会の会期延長などが伝えられていますが、なお予断を許さない状況です。
 「教会と国家」委員会では、本年5月に同法案への反対声明を出しましたが、今回あらためて12月1日付で安倍総理大臣、扇参議院議長、中曽根参院教育基本法特別委委員長、伊吹文科大臣、その他、参院特別委員会のメンバー宛に同法案への反対と廃案を求める声明を送付しました。
 今回の改正案は教育に対する国家の介入、統制への道を開き、愛国心の強制や子どもたちへの偶像礼拝強要など、信仰の自由を脅かす事態を来しかねない重大な問題を孕んでいます。
 つきましては、特に今週の祈祷会や来る主日の礼拝において、この問題について集中した祈りの時をもってくださるようお願いいたします。

《祈祷課題》
①為政者たちが御心に適った政治を行うことができるように。
②教育基本法案が廃案となるように。
③教会が国家の見張り人としての役割を十分に果たすことができるように。
[PR]
by churchandtate | 2006-12-06 09:00 | 教会と国家ニュース
□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2006年11月15日号

御国が来ますように。
 本日(15日)夕方、衆議院教育基本法特別委員会は教育基本法改正案を与党単独で強行採決しました。いよいよこの国の行く末が危機的な状況に向かう中、祈りを結集することが必要です。いくつかのご報告、集会のお知らせをいたします。

1.教育基本法「改正」について
 すでに報道されているとおり、本日の夕方に衆議院の教育基本法特別委員会は与党単独で改正案の強行採決を行いました。明日にも本会議での採決に進むとのことです。いじめ問題、タウンミーティグやらせ問題、単位未履修問題、教員や子どもの相次ぐ自殺や親による虐待など教育を巡る問題が深刻な中、採決が強行されたことに怒りを覚えます。戦争をする国にするための人間作りのための教育基本法「改正」、実際に戦争をする準備としての防衛庁の省昇格問題と次に控える憲法改正のための国民投票法案、反対する声を封じ込めるための共謀罪法案、そして戦争で死に行く人々を祀り上げるための靖国神社非宗教化、分祀論議など、一つの流れが明らかになりつつあります。
 これをうけて委員会でもまずは教育基本法案の廃案を目指して抗議の声を上げたいと願っています。諸教会におかれましても引き続きお祈りをお願いします。

2.「キリスト者東京『九条の会』」発足
 大井教会の住吉英治牧師を中心として、去る11月3日に「キリスト者東京『九条の会』」が発足しました。呼びかけ人には同盟諸教会の教師、信徒が名を連ねています。今後の活動のためにお祈りとご支援をお願いします。詳しくは大井教会、住吉牧師までお問い合わせ下さい。

3.「緊急連続セミナー・祈り会」開催のお知らせ
 10月から隔週金曜日に開催している「緊急のセミナー・祈り会」は三回を終了し、毎回20名程度の出席者で充実した学びの時となっています。最終回が以下のように開催されますので近隣の先生方、信徒の方々は奮ってご出席下さい。
11月24日(金)午後7時~9時 第4回 「教会と国家 バルメン宣言を読む」 講師:朝岡勝師
会場はいずれも教団事務所1階チャペル。資料代200円
 なお、すでに開催された講演内容は教団ホームページのダウンロード版にアップされています。全4回終了後あらためてご案内しますが、ぜひともご活用下さい。

4.2007年度2.11集会について
 来る2007年2月12日(月)に、2.11信教の自由を守る日講演会を予定しています。今回は関東と関西の二地区で同時開催します。今からご予定に加えていただけると幸いです。
関東地区 講師:上中栄師(ホーリネス鵠沼教会牧師、JEA社会委員) 会場:調整中
関西地区 講師:袴田康裕師(改革派園田教会牧師、神戸改革派神学校講師)会場:茨木聖書教会
※詳細は後日教団定期便等でお知らせします。
[PR]
by churchandtate | 2006-11-15 09:00 | 教会と国家ニュース
□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2006年9月22日号

御国が来ますように。
 新しい自民党総裁が選出され、新憲法制定や集団自衛権行使を公言してはばからない新政権が来週にも発足しようとしてます。今月26日からの臨時国会は教育基本法改正や共謀罪、国民投票法案など重要な法案審議が目白押しとなりそうです。諸教会におかれましても、この国の為政者が国を誤った方向に導くことがないよう、祈りを結集していただきますよう、よろしくお願いします。
 いくつかのご報告、集会のお知らせをいたします。

1.首相の靖国参拝に関する声明文など
 委員会では去る7月17日に「小泉首相の靖国参拝中止を求める声明」を出しました。しかし残念ながら首相は8月15日の参拝を強行したことは周知の通りです。これをうけて委員会では8月17日付けで「小泉首相の靖国参拝に対する抗議声明」を発表しました。声明文は後日、教団のホームページに掲載します。

2.「日の丸・君が代」強制反対予防訴訟に勝訴判決
 昨日来報道されていますように、9月21日、東京地裁で東京都の教員による「日の丸・君が代」強制反対予防訴訟に勝訴判決が出ました。国旗国歌の戦時中果たした役割を指摘し、思想信条の自由を明確に認めた画期的な判決です。都教委はすでに控訴の方針を明らかにしてますが、引き続きお祈りください。キリスト者の教員も原告に加わっておられます。
詳しくは以下を参照ください。
「日の丸・君が代」強制反対予防訴訟をすすめる会 http://homepage3.nifty.com/yobousoshou/

3.「緊急連続セミナー・祈り会」開催のお知らせ
 委員会では秋以降の国の動向を踏まえ、4回の緊急のセミナー・祈り会を計画しています。
10月13日(金)午後7時~9時 第1回 「日本の教会と靖国神社問題」   講師:野寺博文師
10月27日(金)午後7時~9時 第2回 「戦時下の同盟教団から学ぶ」   講師:山口陽一師
11月10日(金)午後7時~9時 第3回 「平和を作る教会の使命」      講師:住吉英治師
11月24日(金)午後7時~9時 第4回 「教会と国家 バルメン宣言を読む」講師:朝岡勝師
会場はいずれも教団事務所1階チャペル。資料代200円
詳しくはチラシを後日お送りします。

4.「JEA 第19回信教の自由セミナー」開催のお知らせ
日時:2006年11月4日(土)午後1時30分~6時
場所:日本福音キリスト教会連合 キリスト教朝顔教会
主題:「日本宣教と憲法」
講師:笹川紀勝氏(明治大学法学部教授)
パネリスト:岡田明氏(都立校教員)、根田祥一氏(クリスチャン新聞編集長)、水草修治師(同盟教団理事)
主催:日本福音同盟社会委員会
[PR]
by churchandtate | 2006-09-22 09:00 | 教会と国家ニュース