日本同盟基督教団「教会と国家」委員会から各種情報をお届けします。お問い合わせ、ご意見などはこちらまで:domei_churchandstate(at)yahoo.co.jp


by churchandtate
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

参院教育基本法特別委員会の強行採決に断固抗議します 教会と国家ニュース 2006年12月14日号

□□□□□□□□ 「教会と国家」委員会メールニュース □□□□□□□□
同盟教団「教会と国家」委員会より、祈りの課題、各種情報をお知らせします。

2006年12月14日号

御国が来ますように

 本日夕方6時過ぎに教育基本法案が参議院特別委員会において強行採決されました。ここに「教会と国家」委員会は抗議の意思を表明します。

 国家による教育統制の道を開き、愛国心教育の強制によって信仰の自由を著しく脅かしかねないこの法案が、やらせ問題をはじめとする様々な不正な行為が明らかになっているにもかかわらず、それらに対する真摯な反省もないままに、政府与党の議事日程だけを優先させて委員会採決に持ち込んだことは異常な状況と言わなければなりません。

 まさに信仰の事柄については「アディアフォラ」(どちらでもよいもの)ということはあり得ない「信仰告白の事態」(status confessionis)が来ています。諸教会に於かれましてもぜひこの事態を受けとめ、この国が主の御心から外れた歩みを止め、為政者たちがへりくだって自由と公正のために正しい政治をすることができるよう、また明日の参議院本会議において、御心ならば同法案が廃案となるよう続けてお祈りください。

 なお、繰り返しになりますが、委員会としては今後、法案が成立した際の抗議行動の準備を進めています。決まり次第お伝えします。
[PR]
by churchandtate | 2006-12-14 20:05 | 教会と国家ニュース